食文化ファイル「食材」

干ししいたけ 2017:03:03:13:47:57 2017:03:03:14:14:21

干ししいたけのイメージ

『たべごころ』2017.2.11放映

栄養素・成分

食品成分表(可食部100gあたり)

食品成分表 *乾しいたけ(可食部100g)
・エネルギー・・・182Kcal
・水分・・・9.7g
・たんぱく質・・・19.3g
・脂質・・・3.7g
・カリウム・・・2100mg
・カルシウム・・・10mg

・リン・・・310mg
・鉄・・・1.7mg
・亜鉛・・・2.3mg
・ビタミンD・・・16.8μg
・ビタミンB₁・・・0.50mg
・ビタミンB₂・・・1.40mg
・ビタミンB₆・・・0.45mg
・食物繊維総量・・・41.0g
(参考資料:五訂増補日本食品標準成分表)

 椎茸は裏側を天日干しするとビタミンDが約7倍にアップし、カルシウムの吸収率も高まります。
干すことで、旨み成分もアップしますよ。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

調理法

水戻しは低温で5時間ぐらい置くと美味しさが引き出せます。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

たべごころでのご紹介はこちら

健康

 しいたけにはβーグルカンという多糖類が含まれ、抗アレルギー作用、コレステロール低下作用などが報告されています。
 興味深いことに、古くから生しいたけを煎じて熱いうちに 飲むという習慣があります。実は元来βーグルカンはそのままでは腸で吸収されにくいのですが、煮ることで吸収されやすくなり、その効果が期待できるのです。人類の知恵の1つです。
(産業医科大学健康予防食科学研究室特任教授 徳井教孝)

『たべごころ』2017.2.11放映 雲南風 干し椎茸の旨辛煮

2017-02-08.jpg



このページの先頭へ