食文化ファイル「食材」

ゆず(yuzu 学名:Citrus junos) 2017:11:28:10:54:27 2017:11:28:11:16:03

ゆず(yuzu 学名:Citrus junos)のイメージ

『たべごころ』2017.11.18放映
[分類]:ミカン科ミカン属
[主な産地]:高知、徳島、愛媛など

中国揚子江の上流が原産地で、現在は中国・日本各地で広く栽培されています。
ゆずは香酸柑橘の仲間で日本料理には不可欠な食材です。
果汁は香気高く、酸味が強く、食酢の代用として調味料として、また果皮は薬味として利用されています。

栄養素・成分

食品成分表(可食部100gあたり)

*ゆず、果皮 生
・エネルギー・・・59kcal
・脂質・・・0.5g
・炭水化物・・・14.2g
・カリウム・・・140mg
・カルシウム・・・41mg
・マグネシウム・・・15mg

・ビタミンB₁・・・0.07mg
・ナイアシン・・・0.5mg
・ビタミンB₆・・・0.09mg
・ビタミンC・・・160mg
・食物繊維総量・・・6.9g
(参考資料:七訂日本食品標準成分表)

カリウム、ビタミンC、果皮にはβ-クリプトキサンチンが多く含まれます。酸味成分はクエン酸、香成分はリモネンです。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

調理法

塩でもみ洗いして香りを出して使用します。食べる直前に切るとビタミンCや香りが失われにくく、ゆずを輪切りして蜂蜜やアルコ-ル漬けにしても美味しく食べられます。また七味唐辛子に不可欠な食材でもあります。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

たべごころでのご紹介はこちら

健康

ゆずには心身の健康保持・増進に有益な成分が含まれており、ストレス社会の現代ではゆずの香りのいやし効果が期待されます。具体的には柚子精油を嗅ぐと、緊張不安や疲労感が軽減すると報告されています。
(監修者:中村学園大学薬膳科学研究所教授 徳井教孝)

『たべごころ』2017.11.18放映 「鯛のかぶら蒸し 柚子あんかけ」

2017-11.jpg



このページの先頭へ