食文化ファイル「食材」

春菊(学名:Chrysanthemum coronarium) 2017:12:17:10:47:16 2017:12:17:11:17:53

春菊(学名:Chrysanthemum coronarium)のイメージ

『たべごころ』放映2017.12.16
[分類]:キク科キク属
[産地]:千葉、大阪、茨城など

旬の時期

春菊は、冬に美味しくなる代表的な緑黄色野菜です。鍋物や副菜のお浸しなどに欠かせない野菜です。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

栄養素・成分

食品成分表(可食部100gあたり)

*しゅんぎく 葉 生
・エネルギー・・・22kcal
・たんぱく質・・・2.3g
・脂質・・・0.3g
・食物繊維総量・・・3.2g

・ナトリウム・・・73mg
・カリウム・・・460mg
・カルシウム・・・120mg
・β−カロテン当量・・・4500μg
・葉酸・・・190μg
(参考資料:七訂日本食品標準成分表)

β−カロテン、ビタミンB2、ビタミンE、葉酸などが豊富で、ミネラルもカリウム、カルシウム、鉄を含み、食物繊維も含んでいます。
香りはα−ピネン、ベンズアルデヒドなどの精油成分です。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

選び方

葉の色は濃く密生し、茎は細く短いものを選びましょう。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

調理法

あく成分のシュウ酸が少ないので下茹ではいりません。栄養素の損失を少なく食べることができます。胡麻や豆腐の白和えのように脂質を含む種実類と調理するとカロテンの吸収もよくなりますよ。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

たべごころでのご紹介はこちら

健康

春菊にはクロロゲン酸などの抗酸化成分が含まれており、通常の調理加熱条件下(沸騰水中加熱30秒程度)ではこれらの成分はほとんど失われません。
(監修者:中村学園大学薬膳科学研究所 所長 医学博士 徳井教孝)

『たべごころ』2017.12.16放映 簡単!ローストチキン 春菊のベジソース

2017-12-153-280x157.jpg



このページの先頭へ