食文化ファイル「食材」

カリフラワー(cauliflower 学名:Brassica oleracea) 2018:02:28:15:54:45 2018:02:28:17:24:13

カリフラワー(cauliflower 学名:Brassica oleracea)のイメージ

『たべごころ』放映2018.1.17
[分類]:アブラナ科アブラナ属
[主な産地]:徳島、愛知、茨城など

旬の時期

栄養素・成分

食品成分表(可食部100gあたり)

*カリフラワー 花序、生
・エネルギー・・・27kcal
・食物繊維総量・・・2.9g
・カリウム・・・410mg
・カルシウム・・・24mg

・マグネシウム・・・18mg
・葉酸・・・94μg
・ビタミンC・・・81mg
(参考資料:七訂日本食品標準成分表)

カリフラワーは野菜の中でも低エネルギーで、カリウム・葉酸・食物繊維を含みます。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

調理法

ゆで水に1から2%食酢をいれると白くなります。
ゆで水の1から2%の小麦粉をいれるとデンプンが不味成分を吸着します。
ゆで水の1%の塩は酢と一緒に煮るとやわらかくなります。
味が淡ぱくでくせもないため、冬の料理にはかかせない食材の1つですよ。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

たべごころでのご紹介はこちら

健康

カリフラワーのスプラウトは,ブロッコリーのスプラウトに比べ、ビタミンC含量が1.4 倍以上高いです。またカリフラワーの中の含まれる抗酸化物質は、みじん切りにすると残存率が少なくなりますが、小房分けのようにして調理すると抗酸化成分の多くが残ります。
(監修者:中村学園大学薬膳科学研究所 所長 医学博士 徳井教孝)

『たべごころ』2018.2.17放映 アイリッシュシチュー

2018-02-144-280x157.jpg



このページの先頭へ