食文化ファイル「食材」

たこ(Ocutopus 学名:Ordo Octopoda Leach) 2018:08:18:14:02:26 2018:08:22:15:44:48

たこ(Ocutopus 学名:Ordo Octopoda Leach)のイメージ

たべごころ』放映2018.8.18
[主な産地]:北海道、兵庫、福島など

栄養素・成分

食品成分表(可食部100gあたり)

食品成分表 *まだこ/生 可食部100gあたり
・ エネルギー・・・76kcal
・ たんぱく質・・・16.4g
・ カルシウム・・・16mg
・ マグネシウム・・・55mg
・ リン・・・160mg

・ 鉄・・・0.6g
・ 亜鉛・・・1.6g
・ 銅・・・0.30g
・ ビタミンE・・・1.9mg
・ ビタミンB₂・・・0.09mg
(参考資料:七訂増補日本食品標準成分表)

大きな特徴はタウリンが含まれていることです。
血圧やコレステロール値を下げるタウリンは魚介類に多い成分です。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

選び方

・ 色が濃く、足がくるくる巻いているものが鮮度が良い
・ 吸盤が吸い付いてくるも鮮度がよく良質
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

調理法

下処理は塩で丁寧に揉み洗いし、頭を裏返して墨袋を破らないように取り出して調理すると良いでしょう。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

たべごころでのご紹介はこちら

健康

魚介類にはタウリンが含まれ、特にタコは100g中に537㎎と豊富に含まれています。
タウリンは血清コレステロール低下作用、脂肪燃焼に関係しています。そのためタコはコレステロールを含んでいますが、豊富に含まれるタウリンのおかげで、食べても血清コレステロール値は上昇しにくいと考えられています。またタウリンを豊富に含む魚介類をたくさん食べている人の方が肥満度が低い傾向にあります。
(監修者:中村学園大学薬膳科学研究所長 教授 徳井教孝)

『たべごころ』放映2018.8.18  タコのさっぱりスパイシー丼

たべ375たこ丼番宣画像2.tif



このページの先頭へ