食文化ファイル「食材」

煮干し 2018:10:13:15:34:11 2018:10:17:17:39:24

煮干しのイメージ

『たべごころ』放映2018.10.13
[主な産地]:長崎、熊本、千葉など

栄養素・成分

食品成分表(可食部100gあたり)

食品成分表 *かたくちいわし・煮干し(可食部100gあたり)
・エネルギー・・・332kcal
・たんぱく質・・・64.5g
・ナトリウム・・・1700mg
・カリウム・・・1200mg
・カルシウム・・・2200mg
・マグネシウム・・・230mg

・リン・・・1500mg
・ビタミンB₁・・・0.10mg
・ビタミンB₂・・・0.10mg
・ビタミンB₆・・・0.28mg
・葉酸・・・74μg
・食塩相当量・・・4.3g
(参考資料:七訂増補日本食品標準成分表)

煮干しはカタクチイワシの小さいものを食塩水で短時間茹でて、乾燥させたものです。
「みそ汁」のだしに煮干しを使いますが、煮干しのうま味成分はかつお節と同じ「イノシン酸」です。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授:三成由美)

調理法

煮干しの頭と内臓には、苦みや生臭さが残っているので、頭をちぎり、黒いはらわたを
指先で取り除いて、身を2つに割いて、水に浸して加熱するとうま味が出やすいです。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授:三成由美)

たべごころでのご紹介はこちら

『たべごころ』2018.10.13放映 「ふっくらアジの干物&青菜とキノコのとろろ味噌汁」

たべ383番宣画像02.tif



このページの先頭へ