食文化ファイル「食材」

ラード 2018:11:24:11:34:12 2018:11:26:15:29:48

ラードのイメージ

『たべごころ』放映2018.11.24


栄養素・成分

食品成分表(可食部100gあたり)

*(動物脂類)ラード
・エネルギー・・・941kcal
・脂質・・・100.0g
・一価不飽和脂肪酸・・・43.56g

・ビタミンD・・・0.2μg
・α−トコフェロール・・・0.3mg
・ビタミンK・・・7μg
(参考資料:七訂日本食品標準成分表)

ラードは脂質100%です。
豚の脂肪組織から分離した脂肪であり、動物性の旨味があり、料理にコクと風味を出すためラーメンやチャーハンなど、様々な料理で重宝されています。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

選び方

ラードは常温で白色の軟質(クリーム状)のものが上質です。
融点は摂氏27~40度であり、また酸敗しやすいです。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

調理法

トンカツ等の揚げ物によく利用され、揚げた時の独特のサクサク感と香ばしい風味が好まれています。パン生地に加えて沖縄のちんすこうやサーターアンダーギーの伝統的菓子にも使用されています。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

たべごころでのご紹介はこちら

『たべごころ』2018.11.24放映 手作りラードが決め手!男の焼き飯&野菜スープ

2018-11-227-280x157.jpg



このページの先頭へ