食文化ファイル「食材」

白菜(chinese cabbage 学名:Brassica campestris) 2019:02:16:10:40:10 2019:02:18:16:04:24

白菜(chinese cabbage 学名:Brassica campestris)のイメージ

『たべごころ』放映2019.2.16
[分類]:アブラナ科アブラナ属
[主な産地]:茨城、長野、愛知など

旬の時期

栄養素・成分

食品成分表(可食部100gあたり)

*はくさい 結球葉 生
・エネルギー・・・14kcal
・食物繊維総量・・・1.3g
・カリウム・・・220mg
・カルシウム・・・43mg

・マグネシウム・・・10mg
・葉酸・・・61μg
・ビタミンC・・・19mg
(参考資料:七訂日本食品標準成分表)

白菜は冬に欠かせない野菜で、エネルギーは100g中14kcalと低エネルギーな食品でもあります。カリウムは220mg、ビタミンCは19mg、食物繊維は1.3g含まれています。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

選び方

新鮮で傷や病斑がなく、堅くしまっているもの、葉の上部が霜により淡く黄色がかったものが風味が良いですよ。収穫が遅れたものは葉脈が発達して筋が張っているので美味しさに欠けます。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

調理法

煮物や鍋物、漬け物用に多く広く使用され、塩漬けすると乳酸菌ができ整腸効果も期待できますよ。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

たべごころでのご紹介はこちら

健康

白菜はアブラナ科の野菜で、癌の発症リスクを低減させるイソチオシアネートが含まれています。日本で行われた疫学研究によると、白菜を食べる人は胃がんの発症リスクが低下することが報告されています。
(監修者:中村学園大学薬膳科学研究所 所長 医学博士 徳井教孝)

『たべごころ』2019.2.16放映 白菜とキャベツのラード炒め

2019-02-15-280x157.jpg



このページの先頭へ