食文化ファイル「食材」

ニンニク(garlic 学名:Alium sativum) 2019:07:20:13:10:37 2019:07:29:11:05:07

ニンニク(garlic 学名:Alium sativum)のイメージ

『たべごころ』放映2019.7.20
[分類]:ユリ科ネギ属
[主な産地]:青森、香川、徳島など

旬の時期

栄養素・成分

食品成分表(可食部100gあたり)

食品成分表 *にんにく りん茎、生(可食部100gあたり)
・エネルギー・・・134kcal
・たんぱく質・・・6.0g
・炭水化物・・・26.3g
・カリウム・・・530mg
・リン・・・150mg
・鉄・・・0.8mg

・亜鉛・・・0.7mg
・マンガン・・・0.27mg
・ビタミンB₁・・・0.19mg
・ビタミンB₂・・・0.07mg
・ビタミンB₆・・・1.50mg
・葉酸・・・92μg
・食物繊維総量・・・5.7g
(参考資料:七訂増補日本食品標準成分表)

 ニンニク100g中のエネルギーは154kcal、カリウムは530g、食物繊維は5.7gです。切ったときに出る匂い成分はアリシンです。アリシンは体内のビタミンB₁と結合してアリチアミンとなり、ビタミンB₁の吸収を促進します。中医学の薬膳ではニンニクは温中健胃の食材です。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

選び方

 美味しいニンニクは、全体が乳白色で、りん片の大きさが均一なものです。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

調理法

 常備菜として、ニンニクはオーブンで皮を焼いてむき、酢、味噌、醤油、オイル、蜂蜜、焼酎等に約3ヶ月漬け、それを一日一片食べると良いでしょう。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

たべごころでのご紹介はこちら

健康

 ニンニクは、食中毒予防の抗菌作用、生活習慣病予防の抗がん作用、降圧作用、コレステロール低下作用等がある健康増進に有益な食品です。
(監修者:中村学園大学薬膳科学研究所教授 徳井教孝)

『たべごころ』2019.7.20 夏の新定番!「チョゲタン麺」

2019-07-193-280x157.jpg



このページの先頭へ