食文化ファイル「食材」

アボカド(avocado) 2019:08:24:15:05:59 2019:08:24:15:47:36

アボカド(avocado)のイメージ

『たべごころ』放映2019.8.17
[分類]:クスノキ科ワニナシ属
[主な産地]:メキシコ、チリ

栄養素・成分

食品成分表(可食部100gあたり)

食品成分表 *果実・生(可食部100gあたり)
・エネルギー・・・187kcal
・脂質・・・18.7g
・ナトリウム・・・7mg
・カリウム・・・720mg
・マグネシウム・・・33mg
・リン・・・55mg

・ビタミンA(β−カロテン当量)・・・53μg
・ビタミンB₁・・・0.10mg
・ビタミンB₂・・・0.21mg
・ビタミンB₆・・・0.32mg
・葉酸・・・84μg
・ビタミンC・・・15mg
・食物繊維総量・・・5.3g
(参考資料:七訂増補日本食品標準成分表)

アボカドは脂肪分のほかビタミン、ミネラルをバランスよく含み、世界一栄養価の高い果物と認められているほどです。ミネラルの中でもカリウムは群をぬいた含有量を誇っています。
さらに食物繊維も豊富なので、便秘解消にも効果が期待できます。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授:三成由美)

調理法

アボカドは甘味や酸味のない果物なので、野菜感覚で料理に使えます。果肉のかたいものは天ぷらやグラタンなどに利用するといいでしょう。
ねっとりした果肉はマグロのトロに似た食感のため、刺身にしてわさび醤油で食べるとご飯にも合います。カリフォルニア巻きはトロの代わりにアボカドをのり巻きにしたり、裏ごししてスープやアイスクリーム、ディップのようにパンに塗っても良いでしょう。
また、切って空気に触れると黒く変色するので、レモン汁をかけたら良いですよ。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

たべごころでのご紹介はこちら

健康

高コレステロール血症のおいて、血清コレステロールを低下させる効果が報告されています。
(監修者:中村学園大学薬膳科学研究所長 教授 徳井教孝)

『たべごころ』2019.8.17放映 野菜だけのベジ豆水餃子

2019-08-16-280x157.jpg



このページの先頭へ