講師案内

陶芸家 中里隆 氏

陶芸家 中里隆 氏

人間国宝の中里無庵の五男として唐津に生まれる。第十回現代日本陶芸展にて陶彫「双魚」第一席受賞。唐津焼に唐津南蛮という本格的な焼締を始めた。
唐津の伝統に新しい風を融合。

略歴

1937年 唐津焼十二代中里太郎右衛門(無庵)の五男として生まれる。
1959年 京都市立工芸指導所に学ぶ(約1年間)。
1960年 京都清水坂・松風栄一に入門(約1年間)。
1961年 佐賀県立窯業試験所で井上萬二らに轆轤の指導を受ける(約6ヶ月)。
1961年 朝日新聞社主催第10回現代日本陶芸展にて、陶彫「双魚」第一席受賞。
1967年 アメリカ、欧州、中近東、東南アジア、韓国などを1年間旅行。
1971年 小山冨士夫先生(昭和50年10月没)の推薦により、種子島へ渡島。
西之表市古園に築窯し、種子島焼きを始める。
9月、日本橋三越及び大阪高島屋にて種子島焼きの初めての個展を開催。
以降、各地にて個展を開催する。
1974年 種子島を引き上げ、唐津に帰る。
唐津市見借に窯を築き、唐津南蛮等を主として作る。
小山冨士夫先生より隆太窯と命名。
1985年 日本陶磁協会主催の現代陶芸選抜展賞を受賞。
1995年以降 アメリカ コロラド州スノーマスアンダーソンランチ・アートセンターにて夏・冬作陶。他、デンマークなど国内外でも制作活動。

バロック音楽にも造詣が深く、自宅での「隆太窯コンサート」は150回以上を重ね、十八世紀音楽祭協会の会長も務めている。

講師の講座・セミナー


おすすめコンテンツ

  • よくある質問
  • メルマガ会員募集中
  • ケータイサイトのご案内

このページの先頭へ