食ブログ BLOG

  1. HOME
  2. 食ブログ
  3. 【ブログ】栄養士会クッキングセミナー⑦

講師:管理栄養士/金髙 愛

参加人数:20名

テーマ:「古くて新しいおせち〜郷土料理、伝統料理を今食べたいお節に〜」

メニュー:・蒸し雑煮

     ・海老と穀物の押し寿司

     ・鴨ロース漬け

     ・根菜ピクルスとアレンジバリエーション

その月ごとにテーマを設け、栄養士である先生のプロの目線から、日々の食生活の改善につながる内容をセミナーを通して学んでいただき、そのテーマに基づいた料理を皆さんで作っていただく調理実習があります。

ご自身のため、大切なご家族のため・・・食生活を見直す良いきっかけになれば幸いです。

■□■□■□■□■□■ セミナー ■□■□■□■□■□

〜お節料理について〜

おせち料理は五節句の料理の1つで、平安時代に宮中で行われていた節句「お節供」の行事に由来。
江戸時代後期に江戸の庶民がこの宮中行事を生活に取り入れたのをきっかけに。全国的におせち料理の風習が広がった。
のちに節句の一番目にあたる正月にふるまわれるごちそうだけが「おせち料理」と呼ばれるようになった。
昔から元旦には「年神様」という新年の神様が、一年の幸福をもたらすために各家庭にやってくるとされている。
年神様は祖霊神であり、田の神、山の神でもあります。
おせち料理は年神様へのお供え料理であり、五穀豊穣、子孫繁栄、家庭の安全と健康などの折りを込めて山海の幸を盛り込みます。
   
〜お雑煮について〜
  
お雑煮は、年神様にお供えした餅のご利益を頂戴するために作る料理。
年神様の魂が宿った餅を野菜や鶏肉、魚介などと一緒に煮込んでいただく。
「色んなものを一緒に煮る」という意味から「雑煮」と呼ぶ。
餅の形、具、汁の仕立て方には地方によって様々な特色がある。
もともとは正月料理ではなく、室町時代の酒宴で飲む前に前菜として雑煮が提供されていたのが始まりと言われている。

・・・etc
お節料理や、お雑煮について分かりやすく教えていただきました!

それではさっそく、調理実習に入ってまいります!
           
           

*-*-*-*-*-* 調 理 実 習 *-*-*-**-*-*

【蒸し雑煮】          
①だしを火にかけ、冷ましておく。
 卵を溶き、だしと合わせ、ざるでこしておく。

②鶏もも肉に塩を振り、熱湯でさっと流しておく。
 干し椎茸はぬるま湯で戻し、絞って、一口大に切り、下茹でしておく。
 蓮根、里芋、人参は一口大に切り、下茹でをし、かまぼこは食べやすい大きさに切っておく。
 三つ葉はお湯でさっと火を通し、結び三つ葉にする。
 ゆずは松葉ゆずにする。

20201202栄養士会⑦ブログ:雑煮1.jpg
20201202栄養士会⑦ブログ用:雑煮2.jpg

③耐熱の器に餅、②の具を入れ、①の卵液を入れ、蒸し器で蒸す。
 蒸し上がったら、結び三つ葉と松葉ゆずを飾り完成。
 
20201202栄養士会⑦ブログ:雑煮3.jpg
20201202栄養士会⑦ブログ:雑煮4.jpg
  
20201202栄養士会⑦ブログ:雑煮完成.jpg
   
    
    
【海老と穀物の押し寿司】

①酢、砂糖、塩を沸かし、冷ましたら海老を漬け込む。
 米と麦は炊飯し、熱いうちにごまと冷ました調味料を入れ混ぜる。
 
20201202栄養士会⑦ブログ:押し寿司.jpg
20201202栄養士会⑦ブログ:押し寿司2.jpg

②①の漬け込んだえびの水分を取り、半量の酢飯を型に入れ、間に柚子胡椒を塗る。
 残りの酢飯を入れ、えびを並べ、しっかり押す。
 型から出し、カットして木の芽を飾る。
20201202栄養士会⑦ブログ:押し寿司3.jpg
  20201202栄養士会⑦ブログ:押し寿司4.jpg
           
20201202栄養士会⑦ブログ:押し寿司完成.jpg
  
   
   
   
【鴨ロース漬け】

①鴨の脂や筋を取り、皮面に格子状に切れ目を入れる。
20201202栄養士会⑦ブログ:鴨1.jpg
  
②酒などの調味料を合わせて沸かし、アルコールを飛ばす。
 菜花はお湯でさっと茹で、食べやすい大きさに切っておく。
20201202栄養士会⑦ブログ:鴨2.jpg
  
③鴨をフライパンで皮面から焦げ目がつくまで火を通す。
20201202栄養士会⑦ブログ:鴨3.jpg
                 
④耐熱の容器にたれ、③の鴨を入れ、蒸し器で蒸す。
 鴨を取り出し、血抜きをする。
20201202栄養士会⑦ブログ:鴨4.jpg
  
⑤ピクルスバリエーションのピクルスとマスタードを添え、完成。
20201202栄養士会⑦ブログ:鴨5.jpg
  
20201202栄養士会⑦ブログ:鴨完成.jpg

           
【カラフルピクルスバリエーション】

①人参、大根類を食べやすい大きさに切る。または型抜きする。
 ごぼう、蓮根はよく洗い、切って下茹でしておく。
  
②ピクルス液の材料を鍋に入れ、沸騰させ、切った食材にアツアツの状態で注ぎ込む。

20201202栄養士会⑦ブログ:ピクルス1.jpg
20201202栄養士会⑦ブログ:ピクルス2.jpg

③他にも紅白の巻物や、花びらもち風ピクルスなど数種作る。
20201202栄養士会⑦ブログ:ピクルス3.jpg
20201202栄養士会⑦ブログ:ピクルス4.jpg
                
* ゜° ゜* + : 。. 。: + *  出 来 上 が り  ゜° ゜* + : 。. 。: + *

20201202栄養士会⑦ブログ:完成写真.jpg

今回は、「古くて新しいおせち 〜郷土料理、伝統料理を今食べたいお節に〜」をテーマに開催いたしました。
ご参加いただきました受講生のみなさま、講師の金髙先生、アシスタントの山下先生、桃田先生ありがとうございました。

栄養士会クッキングセミナーでは様々なテーマで、月に一度開催しております。
※お休みの月あり。

次回は、2021年2月3日(水)10:30〜13:00
テーマは「旬を食べる 〜まるっと白菜 使い切りエコクッキング〜」です。

皆様のご参加を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

食文化スタジオ 宮村

食ブログ一覧へ