食ブログ BLOG

  1. HOME
  2. 食ブログ
  3. 【ブログ】栄養士のためのクッキングセミナー<プロフェッショナル>①

開催日時:2021年5月22日(土)12:30〜15:00

講  師:藤木 雄作 氏(イタリア食堂SORA)

参加人数:20名

テーマ:「イタリアンシェフから学ぶ トマト料理のバリエーション」

メニュー:【前 菜】カプレーゼ、ブルスケッタ、ガスパチョ、トマトの肉詰め

     【パスタ】アマトリチャーナ

     【メイン】豚のカツレツ ピッツァイオーロソース

栄養士・管理栄養士を対象とした【栄養士のためのクッキングセミナー<プロフェッショナル>】
様々な角度からの情報発信や技術提案を行うことで、職場でのスキルアップに繋げて頂くことを目的としています。

今回は「トマト料理」をテーマに、イタリアンシェフよりトマト料理のバリエーションを広げる講座を開催いたしました。
トマトは旨みのベースになるグルタミン酸ばかりでなく、トマトの酸味やペクチンが肉・魚の脂っこさを和らげてくれます。また、生のものだけではなく水煮の缶詰や、ジュース、ドライトマトなど種類も豊富なことから、特徴と調理技術を学び、現場でいかせる応用しやすいメニューバリエーションを教えていただきました。

DSC09551のコピー.jpg

早速、講師によるデモンストレーションから。

1品目『アマトリチャーナ』
最も時間のかかるソース作りから始めていきます。イタリア中部のアマトリーチェという町で生まれたレシピです。パンチェッタと玉ねぎを使ったトマトソースのパスタですが、今回は手に入りやすいベーコンを使用していきます。

玉ねぎをじっくり炒めていき、ベーコン、トマトホール缶を入れた後に煮詰める際にアク取りを行うことがポイントです。

DSC09566のコピー.jpg

2品目『豚のカツレツ ピッツァイオーロソース』
パスタで作ったトマトソースを展開して、新たなソースを作っていきます。カツも揚げるのではなく、多めの油で揚げ焼きにしていきます。スチームコンベクションでもできるメニューなので、大量調理でも活用できるレシピです。

豚肉にもチーズをまぶして、ソースにもチーズを使用するダブルチーズ使いで濃厚な味に仕上がりました。

DSC09610のコピー.jpg

3品目『前菜:カプレーゼ、ブルスケッタ、ガスパチョ、トマトの肉詰め』

前菜は簡単にできる4品を教えていただきました。

最後に作ったものをそれぞれ盛り付けて完成です。

DSC09609のコピー.jpg

<完成>

DSC09621のコピー.jpg

DSC09615のコピー.jpg

講座を受講された方より

・プロ向けということで、より実務で活かせる知識や技術を教えて頂けたので、早速お店の方でも試したいと思います。

・トマト料理のバリエーションが増えて良かったです。献立に取り入れたいと思います。

・シェフが各テーブルを回って下さったので、質問し易かったです。シェフの説明も、とてもわかり易かったです。

など、たくさんの感想を頂きました。
緊急事態宣言が発令されている中、人数と時間短縮しての実施でしたが、質問などもたくさんしていただき、学びのある講座になりました。

今回の講座が、ご参加頂いた皆様の職場で今後のヒントになっていくと嬉しいです。

講師を務めていただいた藤木シェフ、素晴らしい講座をありがとうございました。
また、ご受講いただいた皆様、本当にありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

食文化スタジオ 藤田

食ブログ一覧へ