食ブログ BLOG

  1. HOME
  2. 食ブログ
  3. 【ブログ】「家庭で気軽にできる食育教室」㉛メキシコ料理タコス作り!

講座概要

開催日時:2021年7月22日(木)10:30〜13:00

講  師:青木 庸真氏

     <エルボラーチョ>

会  場:食文化スタジオ3F

対  象:小学生とその保護者

内  容:デモンストレーション、親子調理実習、試食

     ①トルティーヤ作り

     ②サルサ作り(サルサメヒカーナ、ワカモレ)

     ③トッピング作り(ウエボスコンチョリソー)

参  加:8組16名

私たちの食育は"子供達が食に興味を持つきっかけづくり"と"家庭での反復再現性"をテーマにしています。3つのカテゴリーの中でも「キッズ・キッチン」は、子ども達に料理の楽しさ、食べる楽しさを体感していただくプログラムです。料理をあまりした事のないお子様にも楽しく参加していただける内容です。
今回は福岡のメキシコ料理を牽引している「エルボラーチョ」より青木庸真氏を講師にお迎えし「世界のごはんを学ぼう!メキシコ料理タコスを作ってみよう!」を開催しました。

こどもたちは夏休みがスタートしましたが、コロナ渦ということもあり、海外への渡航はもちろん国内の行き来もまだまだ出来ない状態が続いております。
そんなおうち時間が続く中、今回はトルティーヤからタコス作りを学びます。とうもろこしの粉で作るトルティーヤは普段馴染みが少ないですが、とうもろこしの粉・石灰・塩・水で簡単に作ることが出来ます!合わせて、家庭でも簡単に作れるサルサとトッピングも教えてもらいます!
それでは当日の様子を・・・

まず青木先生よりメキシコ料理の特徴について教えていただきます。

青木先生自身も、メキシコに渡り実際に食文化を体験されているので、主に食べられている食材や、大小様々なとうがらしの味の特徴についても教えていただきました。メキシコの民族衣装のソンブレロとサラペを使ったポンチョで登場です♪

DSC00152のコピー.jpg

早速、先生がトルティーヤを捏ねていきます。

DSC00160のコピー.jpg

ボソボソの状態から、水分を加えながら捏ねていくと段々とまとまってきます。それをピンポン玉くらいの大きさに分けておきます。

DSC00165のコピー.jpg

今回は家庭でも作れるようにと、まな板でプレスし成形する方法を教えてもらいました。

DSC00167のコピー.jpg

トルティーヤをフライパンで焼いていきます。

DSC00169のコピー.jpg

両面を焼いたら、トルティーヤが出来上がりです。

続きまして、サルサを2種類作っていきます。

メキシコ料理は、料理に国旗にも使用されている赤・緑・白を取り入れることが多いそうです!

DSC00232のコピー.jpg

今回は、トマト(赤)・玉ねぎ(白)・ピーマン(緑)を使用した「サルサメヒカーナ」とアボカド(緑)・玉ねぎ(白)を使用した「ワカモレ」作りを教えていただきました♪

DSC00147のコピー.jpg

最後にタコスの具材として、「ウエボスコンチョリソー」を作ります!

DSC00279のコピー.jpg

DSC00281のコピー.jpg

DSC00283のコピー.jpg

そしていよいよ、実習です!

見ていると簡単にできそうな気になりますが・・・

実際はそうもいきません。

先生にコツを教えてもらいながら、親子で力を合わせてみなさん頑張っていました!

メキシコ料理は、「唐辛子」を取り入れることも大きな特徴ですが、今回は親子で話し合いながら唐辛子の量の調整をしたり、辛いのが苦手な方はピーマンで代用したり試行錯誤しながら料理に励んでいる姿が印象的でした。


トルティーヤを並べて…

サルサとトッピングを盛り付けて完成です!

今回はやや小さめで若干の厚みがあるトルティーヤを作ったので、

オープンサンドにしていただきます♪

DSC00285のコピー.jpg

受講された保護者様より
☆先生がとても明るくて知識が豊かで、お料理は美味しくて親子で良い時間を過ごさせて頂きました。家で作るのが楽しみです。
★メキシコやメキシコ料理、珍しい食材に興味が湧くような内容でした。
☆青木先生の気さくな人柄のおかげで、とても楽しい時間を過ごせました。

また、お子様からは
★自分で作ったタコス料理、すごく美味しかった。
☆メキシコ料理はサルサしか知らなかったので、とても良い経験になった。
★おうちでも簡単にできるし、また作りたいと思いました。

などたくさんのご感想をいただきました。

お家でも作ってみたいというご感想をたくさんいただきましたので、ぜひ、お家でも作っていただければと思います。
 
講師を務めてくださいました、青木さん、アシスタントの團野さん、本当にありがとうございました。

また、ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。
またのお越しをスタッフ一同お待ちしております。

食文化スタジオ 藤田

食ブログ一覧へ