食文化ファイル「食材」 FILE "FOOD"

  1. HOME
  2. 食文化ファイル「食材」
  3. キャベツ(cabbage 学名:Brassica oleracea)

キャベツ(cabbage 学名:Brassica oleracea)

旬の時期

  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月

栄養素・成分

食品成分表(可食部100gあたり)

食品成分表 *キャベツ・生(可食部100gあたり)
・エネルギー・・・23kcal
・たんぱく質・・・1.3g
・脂質・・・0.2g
・炭水化物・・・5.2g

・ビタミンA(β−カロテン当量)・・・50μg
・ビタミンK・・・78μg
・ビタミンC・・・41mg
・食物繊維総量・・・1.8g
(参考資料:七訂増補日本食品標準成分表)

選び方

外側の葉はそり返って、濃い緑色のキャベツが新鮮です。ずっしり重く、巻きがしっかりしたものを選びましょう。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

調理法

加熱するとビタミンが損失するので生での調理が好ましいです。一方キャベツには食物繊維も含まれ加熱するとカサが減るので、食物繊維を沢山摂取できます。ロ-ルキャベツや煮込み料理などは食物繊維摂取にはバランスよい調理品といえるでしょう。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

たべごころでのご紹介はこちら

健康

キャベツにはフラボノイド(抗がん作用)、キャベジン(消化管粘膜)、イソチオシアネート(解毒活性)など健康にいい成分を多く含みます。胃がん、乳がん、肺がんの予防や、コレステロール低下作用、解毒酵素の活性作用などが実証されています。
(監修者:中村学園大学薬膳科学研究所 所長 医学博士 徳井教孝)

食文化ファイル「食材」一覧へ