食文化ファイル「食材」 FILE "FOOD"

海苔

旬の時期

  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月

栄養素・成分

食品成分表(可食部100gあたり)

食品成分表 *生 あまのり・ほしのり
・エネルギー・・・173kcal
・たんぱく質・・・39.4g
・脂質・・・3.7g
・炭水化物・・・38.7g
・ナトリウム・・・610mg
・カリウム・・・3100mg
・カルシウム・・・140mg
・マグネシウム・・・340mg
・リン・・・690mg
・鉄・・・10.7mg

・亜鉛・・・3.7mg
・銅・・・0.62mg
・マンガン・・・2.51mg
・レチノール当量・・・3600μg
・ビタミンK・・・2600μg
・ビタミンB₁・・・1.21mg
・ビタミンB₂・・・2.68mg
・ナイアシン・・・11.8mg
・ビタミンB₆・・・0.61mg
・ビタミンB₁₂・・・77.6μg
・葉酸・・・1200μg
・パントテン酸・・・0.93mg
・ビタミンC・・・160mg
・食物繊維総量・・・31.2g
(参考資料:五訂増補日本食品標準成分表)

 海苔はビタミンやミネラルなどの成分が凝縮された高級栄養食品といえます。干し海苔の100g中のエネルギーは173kcalで低カロリーです。たんぱく質39.4g、カリウム3100mg、カルシウム140mg、マグネシウム340mg、鉄10.7mg、亜鉛3.7mg、ヨウ素1400μg、レチノール当量3600μg、ビタミンK2600μg、葉酸1200μg、ビタミンC160mg、食物繊維31.2gです。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

選び方

 美味しい海苔は黒紫色でつやがあり、香りが良く、厚さが均一のものです。
(監修者:中村学園大学栄養科学部教授 三成由美)

調理法

 海苔は生で食べることができますが、鮮度がすぐに落ちるため基本的には流通していません。そのため、一般の人が口にすることはほとんどありません。現在、生の海苔をいかに鮮度を保って乾燥海苔にするのかが課題となっています。
(監修者:産業医科大学健康予防食科学研究室特任教授 徳井教孝)

たべごころでのご紹介はこちら1xhr5jw3.bmp

健康

 海苔には、うま味成分のグルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸が含まれているため、美味しく感じます。たんぱく質が乾燥重量で40%と大豆より高く、海の大豆と呼ばれています。このたんぱく質が分解してできるペプチドには、血圧を下げる作用があり、また肝臓を守る作用もあります。
(監修者:産業医科大学健康予防食科学研究室特任教授 徳井教孝)

食文化ファイル「食材」一覧へ